第1回カッパまつり
ジュニア・スタッフクラブも参加
2008年8月9日(土) 午後4時〜8時 我孫子駅前〜公園坂通り
首都圏の中堅世代がつぎつぎと移り住んできて、♪「あびここれから伸びざかり〜」と始まった河童音頭から40年以上が過ぎ、我孫子も市民の高齢化が進んでいます。
ここでもう一度、元気をとりもどすことを考えようと、カッパまつりを開催することになりました。
明日の世代を担う子どもたちも、あびっ子ネットのジュニア・スタッフクラブから出店しました。※秋の「子どもまつり」に向けて参加者募集中です。
スーパー・ライフ前 河童音頭の先陣
・河童音頭はスーパー、ライフ前からスタートです。連日の暑さから、この日は午後4時の気温が27.5℃になりました。 ・スタートした河童音頭の先陣隊。先頭は踊りの先生たちで、やはり手足の動きがなめらかです。
けやきウインドアンサンブル ジュニアスタッフクラブの出店
・同じころ、我孫子駅前では、けやきウインド・アンサンブルが「宇宙戦艦ヤマト」などの演奏を行っていました。 ・あびっ子ネットのジュニア・スタッフクラブ。ダーツゲームなどの出店をしながら、秋の子どもまつりへの参加スタッフを募集しています。
子ども劇場の出店 河童音頭
・あびこ子ども劇場も出店しています。 ・公園坂通りでは、河童音頭の踊りが駅前へ近づいてきていました。
カッパ大行進 河童音頭
・カッパに仮装した人も踊っています。 ・このチームは踊りがみごとにそろっていました。
中央学院高校のチアダンス 中央学院高校のチアダンス
・中央学院高校のチアーダンス部も特別出演して、盛り上げてくれました。 ・若さあふれるリフト。このミニステージでの発表のほか、河童音頭大行進にも、盆踊りにも参加してくれました。
星野市長 仮装大賞
・星野市長が、やぐら太鼓からあいさつ。 ・仮装大賞の受賞は、つくし野むつみ会の「カッパリンピック」。五輪の年にちなみ、世界の民族衣装でカッパに扮しました。
おもなイベント
・カッパ音頭大行進
・けやきウイントアンサンブル 演奏
・あびこふるさと会 演奏
・中央学院高等学校チアダンス部 演技
・あびこふるさと会、坐孫子 合同演奏
・我孫子ALOHA協会 フラダンス披露
・梅后流江戸芸かっぽれ 披露
・アスカ組、風波ロックソーラン 披露
・仮装大賞 発表、表彰
主催 あびこカッパまつり実行委員会
(NPO法人ACOBA、あびこ子どもネットワーク、我孫子市、 我孫子市商工会、我孫子市舞踊連盟、(社)我孫子青年会議所、我孫子地区商店会連合会、我孫子手づくり散歩市、我孫子南まちづくり協議会)

後援  我孫子ロータリークラブ
河童音頭の曲ができたのは1961年。
我孫子が市になった1970年の翌年から手賀沼まつりが始まり、この曲に合わせて踊る、かっぱ音頭大行進が毎年盛大に行われましたが、交通渋滞などの問題から1986年以降は中止されていました。

来年の第2回に続いていくとよいですね。
■もどる      ■あびこカッパまつりのサイトへ